「またお願いします」
その言葉のために・・

村上 健太

2014年入社 施工事業部 1日に密着

工事イメージの共有と安全確認

お客様のお宅に到着後は挨拶をさせてもらい、家の周りを確認します。

工事をする際の危険箇所や注意すべきところがないかを確認し、配線はどこから?設置箇所はどこにするのか?など、チームメンバーで話しをしながらイメージを共有します。

スケジュール共有

家の周りの安全確認を終えたらKY(危険予知)をする前に工事のスケジュールをホワイトボードに記載します。

誰がどこを担当し、何時に作業を終える予定なのかを明確にして、円滑に作業を終えられるように対応しています。

蓄電池工事の配線を整える

家の中にある配電盤と蓄電池の線をお風呂場の天井裏から家の外に出し、

出てきた配線を外に設置するパワーステーションにつなぐため、配線を綺麗にダクトに収納しています。

接続箱の配線工事

太陽光のパネルからくる配線を接続箱につないで、さらに接続箱からパワーステーションにつなぐ作業をしています。

太陽光は常に発電しているため電気をとめることができません。

そのため、線に電気が通らないように絶縁作業をして感電しないように注意しながら作業を行います。

接続箱へのコーキング

お家に穴をあけて工事をするため、雨が降った際の雨水がお家の中に入らないように接続箱周辺をコーキングします。

外壁と接続箱にテープをつけてコーキングをするなど、見栄えが悪くならないように注意しています。

この仕事の魅力

私が一生懸命工事した物が、お客様の家で大事に使われ残っていくことが魅力です。お客様の役に立っているのだと実感します。工事の時は、電気を扱うので、お客様の安全面に気を付け、目には見えない所や、見栄えにも最新の注意を払っています。
施工部は先輩後輩仲が良く、どのようなことでも、親身になって話を聞いてくれるので、後輩の意見もしっかりと反映されます。とても風通しの良い事業部です。

仕事への思い・目標

仕事は「人に奉仕する」こと。
私はしっかりした商品を作って提供し、お客様が満足して喜んでくれたらとても嬉しいです。お客様に喜んでもらうためにも、施工現場を増やし、後輩を育成し、質を高めていきたいと考えています。
私につく後輩にも「責任を持て」と伝えています。お客様の幸せのために恐れず、責任感があれば、仕事もすぐ覚えていけると思います。後輩たちの成長が私の喜びです。

やりがい

私は物を作って、形を残すことが子供の頃から好きでした。好きなことをして、お客様に喜んでもらえたら最幸です。
お客様には、きめ細かなお声掛け、施工以外の世間話でコミュニケーションをとるなど、毎日の仕事を楽しむことを意識しています。お客様が困っている時の依頼も多いので、そこでしっかり対応し、喜んでもらいお褒めをいただける、こんな嬉しいことはないです。