見える所だけでなく、
見えない所も「美しく」がこだわり

有村 将太

2015年入社 施工事業部 1日に密着

工事イメージの共有と安全確認

お客様のお宅に到着後は挨拶をさせてもらい、家の周りを確認します。

工事をする際の危険箇所や注意すべきところがないかを確認し、配線はどこから?設置箇所はどこにするのか?など、チームメンバーで話しをしながらイメージを共有します。

 

KY(危険予知)実施

家の周りを確認した後、工事を行う際の危険箇所をチームメンバーで共有します。

危険と思われるところを予知して怪我や事故がおこらないための対策を考えて指差称呼します。

最後は「ご安全に!」の掛け声でそれぞれが工事を開始します。

蓄電池設置工事

この日はスマートスターの蓄電池工事です。

この蓄電池は一台で家の中の電気をまかなえるタイプで重さ180キロくらいあります。

工事日にお客様のお宅に蓄電池が配送されるように手配してあります。
到着後は壁から出る電線の配管がきれいな形で蓄電池につなげられるように注意しながら作業しています。やはり、見た目がきれいだとお客様にも喜んでいただけるので、意識しています。

配線をつなぐ

蓄電池に配線をつなぎます。

ここでは、なるべくきれいに配線ができるように意識しています。

誰がチェックしてもわかりやすいように見えないところでも美しく見えるように意識して作業を行います。

配線がしっかりとつながっていなかったり、ゆるんでいるとそこから電気が流れてショートしてしまう危険性があるので、一つ一つ最後に増し締めをしてマジックでチェックを入れながら確認しています。

電圧の確認

作業終了後は異常がないか確認するために蓄電池の試運転を行います。

この時は実際に家を停電させるため、電気が使えない状態になります。

蓄電池がしっかり動いているのか電圧を確認して、作業は終了です。

この仕事の魅力

施工にも様々な種類があるので、毎日新鮮さを感じています。
先輩も優しい方が多いので、細かな作業も丁寧に根気よく教えてくれます。私自身先輩に教わったことを、しっかりと後輩にも指導していけるように気を付けていこうと思っています。

そして、あらゆる現場で工事をする機会が増えたことで、現場をみたら大体の工事のイメージがつくようになりました。自分自身が思い描く工事を現場ですることができるととても嬉しいです。

仕事への想い・目標

自分自身の作業のクオリティーを上げていき、お客様に喜んでいただけるような最幸の仕事をすることを日々目指しています。一日一日しっかりと先輩から学び、今の目標は、「先輩を追い越し、後輩に追い越されないように日々精進すること」です。

 

やりがい

やはり、お客様から感謝の言葉をもらった時と、上司に自分の仕事を認めてもらったときです。 お客様から「ありがとう」と言われた時は、この仕事をしていて良かったと心から思えます。

更に電気工事士などあらゆる資格を取得すれば、自分の仕事の幅を広げることが出来るので新しい仕事にチェレンジすることができるのもやりがいです。