運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を
「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。
進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に
障害が起き、歩行や日常生活に何らかの障害をきたしている状態です。
2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない
超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。

いつまでも自分の足で歩き続けていくために、ロコモを予防し、
健康寿命を延ばしていくことが今、必要なのです。


※加齢に伴う筋量・筋力の低下のこと。「加齢性筋肉減少症」ともいいます。

人間の身体は機能ごとに分業をしています。
酸素を取り入れ二酸化炭素を排出する“呼吸器”(気管や肺)、酸素や栄養や
老廃物などを運ぶ血液を流す“循環器”(心臓や血管)、食物を消化・吸収する
“消化器”(胃や腸)などは良くご存知でしょう。

運動器とは、身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称です。
運動器はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身体はうまく動きません。
また、複数の運動器が同時に障害を受けることもあります。


健康寿命とは、健康上の問題がなく日常生活を普通に送れる状態のことです。

健康寿命と平均寿命の差は、男性で9.13年、女性で12.68年で、
この期間は介護など人の手助けが必要となる可能性が高いということです。

日本は高齢化について先進国の中でも先頭を独走していますが、
そのゴールは、人間が自立して人間らしい生活を送るために
平均寿命ではなく健康寿命の延伸にあると考えています。

誰もが最後まで、健康でいきいきとした生活を送りたいと思っています。
健康寿命を守りましょう!


※平均寿命(平成22年)は、厚生労働省「平成22年完全生命表」、健康寿命(平成22年)は、
厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」。

骨や筋肉の量のピークは20~30代だということをご存知でしたか?

骨や筋肉は適度な運動で刺激を与え、適切な栄養を摂ることで、
強く丈夫に維持されます。
弱った骨や筋肉では、40代・50代で身体の衰えを感じやすくなり、
60代以降、思うように動けない身体になってしまう可能性があります。