Electric

オール電化

オール電化お困り事

電気代・光熱費をもっと節約したい

毎日使う電気だからこそできるだけ節約したいものです。
オール電化にしてもあまり変わらないと思われますが、実は安くなる方法があります。

電気代・光熱費をもっと節約したい
電気・光熱費を根本から見直すオール電化がオススメ!

「電気・ガス・水道」に代表される水道光熱費を根本から見直します。ご自宅に合う節約の方法はそれぞれ異なりますので、それぞれの家に合った節約方法を提案させていただきます。
またオール電化住宅の世帯だけが加入できる電気料金プランを使うことで、非オール電化住宅より電気代が安くなる制度を活用するなど、電気を上手く利用する多彩な方法についてご案内いたします。

電気に一本化 ガス代が不要に
point 01

電気に一本化 ガス代が不要に

オール電化の魅力は何といっても、従来のガス代・電気代と2ヶ所に支払っていた光熱費を一本化できることです。特にガス代はなかなか下げることが難しい料金の一つ。冬場のお風呂やお湯を使った家事において、使わないわけにはいきません。
しかし、生活に密着したガスによる湯沸かしは、その利用料金がある程度決まっていることもあり、削減することが難しいものでもあります。
このガスの部分を削減して光熱費を一元管理するだけでも、基本料金が一本化されてトータルの光熱費が把握しやすくなり、コントロールのしやすさへとつながっていきます。

エコキュートを有効活用して電力削減
point 02

エコキュートを有効活用して電力削減

このエコキュートが、オール電化を成功させるための必須アイテムとなっています。オール電化住宅の場合、夜間の電気料金が安くなるオール電化用のプランが利用できます。
そして、エコキュートは夜間に湯沸かしを行っています。
つまり、電気代が安い夜間に沸かしたお湯を昼間に消費するというサイクルで利用することにより、電気料金を節約することが可能になります。

太陽光&蓄電池でさらに効率的な電力利用
point 03

太陽光&蓄電池でさらに効率的な電力利用

エコキュート+オール電化用料金プランだけでもお得ですが、さらにお得になる節約方法があります。
それが「太陽光発電システム」と「蓄電池」です。屋根などに取り付けたパネルで太陽光を電気に変える「太陽光発電システム」。これだけでも代金を払って使う電気は減らせますが、せっかく付けた発電システムも夜間は活用できないので、発電パネル単独では活用しきれているとはいえません。
そこで、電気を貯める蓄電池。太陽光パネルで発電したものの使い切れなかった電気を貯める。電気代が安い夜間に蓄電し、昼間の使用に備える。このような節約テクニックが、蓄電池でできるようになります。