工事について

屋根

住まいの中で最も風雨にさらされる場所屋根リフォーム 屋根は、住まいの中で最も風雨にさらされる場所。ズレやヒビ割れなどがあると雨漏りの原因になります。普段見えにくいからこそ、定期的なチェック、メンテナンスが必要です。

屋根リフォームの方法

●塗り替え
彩色スレートなどの表面塗装を塗り直す方法。屋根材も下地材もあまり傷んでいない場合に行います。塗装の種類で耐久性が異なります。
●重ね葺き
彩色スレートなどの屋根材で、屋根は傷んでいるが下地材がしっかりしている場合。軽量の金属屋根材などを既存屋根に重ね張りする方法。
●葺き替え
屋根材の傷みが激しい場合に、既存屋根材を撤去して新しい屋根材を葺きます。下地のやり直しも含めて検討します。

素材別屋根材の特徴

粘土瓦

イメージ

粘土をプレス形成した瓦形の素地に釉薬をかけて高温で焼いたものが「陶器瓦」。一般的に和瓦といわれるものが「和形」ですが、最近は洋風タイプの「平形」のバリエーションが増えて、洋風住宅にも多く使われています。釉薬を使わずに、いぶして仕上げたものを「いぶし瓦」といい「いぶし銀」といわれる銀色が特徴です。他に「素焼瓦」、「練込瓦」、「窯変瓦」などがあります。いずれも色落ちがしにくく耐久性が高いのがポイント。

彩色スレート

イメージ

本来のスレートは玄昌石を材料とした天然スレートで、黒く艶のある自然の色や重厚感が特徴。その天然スレートの形状を模して使ったものが彩色スレートで、セメントに繊維を混入して強化した薄い板状の素材です。価格が手頃で粘土瓦より軽く、耐久性、耐候性も優れているので広く普及しています。通常の彩色スレートは、10年ほどで色・艶が落ちてきますが、最近は色褪せしにくい製品も登場しています。

金属系屋根材

イメージ

金属系の屋根材といえば、カラートタン(亜鉛メッキ銅板)が一般的でしたが、錆びやすいので、最近は耐久性のあるガルバリウム銅板(亜鉛アルミ合金メッキ銅板)が主流になっています。バリエーションが豊富で軽量なため、リフォーム時の重ね葺き用の製品もあります。他に銅板やアルミなどの屋根材があり、アルミはフッ素樹脂塗料を焼付塗装することで色も長持ちします。

セメント瓦

イメージ

セメントと細骨材(砂)のモルタルを原料に作った瓦を「プレスセメント瓦」といいます。彩色スレートと主原料は同じセメントですが、スレートよりも厚く、瓦に近い重厚感があり、瓦よりも安価なのが魅力です。形も和形から平形まで豊富。また「プレスセメント瓦」よりセメントの割合が少なく、押し出し形成する瓦が「コンクリート瓦」です。ヨーロッパの伝統的な瓦で、立体感のある形状なので洋風住宅にピッタリ。

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちらから

このページのトップへ

工事について

太陽光発電をお探しの方

塗装をお探しの方

オール電化をお探しの方

お客様相談センター

お電話でお問合せ フリーダイヤル 0120(111)321年中無休(年末年始は休業いたします)
24時間(18:00~翌9:30は留守番電話にて受付)

メールでお問合せ

無料お見積り

アフターサービス ご依頼フォーム

イメージ

お問い合わせ

お電話でお問合せ フリーダイヤル 0120(111)32124時間365日対応しております

  • メールでお問い合わせ
  • カンタンお見積り
  • アフターサービス
  • 訪問レポート
  • 体験シュミレーション
  • 安心サポート
  • 社会貢献活動
  • マイナビ2017
  • ネクステージグループエネハンド
  • みんなのブログ
  • 千葉県・富里市で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店の徳川家住
  • 愛犬家,住宅,愛犬家住宅
  • 国交省ホームページ
  • 木耐協
  • トリム販売
  • メッドコミュニケーションズ Yahoo店